H30.11.5 装備紹介① NEW!!

 

 今回は初の試みとして、装備こだわっている方が一体どんな物を身に着けているか紹介していきたいと思います!

 まずは第一号として、ようやく全身揃ったとスキップして喜んでいた監督の装備。付けるものが多すぎて最初のゲームは大体準備が間に合いません(;・∀・)!

 

頭:チームウェンディ(コンツァー、ヘッドセット組み込み)

体:OTV型ボディーアーマー(ショルダー、アーテアルアーマー付き)

腕:ダマスカスアームプロテクター

腰:ゴーストギアウェストベルト

太腿:ブラックホークレッグパネル

足:レッグプロテクター

 

 重装備はロマンを地でいく全身装備。装着した写真はどうぞプロフィールへ。見て分かる通り、全身を覆うフルアーマーがごつい!

 機動性や運動性を犠牲に、マガジン積載最大25本という大容量を実現。ハンドガンナーらしく常時2丁のハンドガンを装備し、取り回しの良さと弾切れの心配のないのを強みに戦車のようにガンガン攻めます。これだけ装備してるのに、バリケ越しに撃ち合った時のあの機敏さは凄いですね。

 最大のネックは動きにくさ……と見せかけて実は厚着ゆえの暑さなんだとか。だからゲームが進むごとにパーツが徐々にパージされていきます(笑)これからの季節には丁度いいですね。

 

 

 

K崎


H30.10.17 1周年記念 

 

 どうも最近軍拡具合がおかしい気がするK崎です。なにやら前回のブログ更新が7月とからしいですね(; ・`д・´) お久しぶりです(笑)

 

 さて、このサイトも紆余曲折を経て無事に1周年を迎えることが出来ました。チームのメンバーも順当に増え、総勢で80人近くになったらしいです。総勢何人いるか、活動休止中の方々もいるので把握できておりません!

 

 ギャラリーの写真があまり更新されていませんが、今後は何かイベントのようなものに参加したり、貸し切りの写真を中心にアップしていこうと思っています。しっかり定例会にも参加しているんですけどね。

 

 ということで、二年目もチームBEASTのホムペをよろしくお願いします!

 

K崎


H30.7.23 暑さとの戦い

 

 ブログって書くのに覚悟いるよね?

 ということで完全にサボってましたブログでも更新しますか(;・∀・)

 

 ファンモンのジャケットみたいなkeisukeさんの面白ホラー画像から始まりましたが、この度いわきは四倉インター降りてすぐの場所に新しく出来ました『NEVER LAND』さんへお邪魔してきました! こちらのフィールドは来たる8/11にグランドオープンということで、現在はプレオープン中となっています。フィールド形態は森林で、今まで行ったことのないタイプなので、どんな銃で行こうか前日まで迷ったりなんだり。

 

 

 隊長の定例会デビューリベンジということだったのですが、結果は……また、行ける定例会探しましょ(笑)12人中10人がBEASTで1人がメンバーの知り合いという、定例会もどきという形に。

 

 それでも定例会は定例会なので、ルールは全て運営側の指示で動いていました。ほとんどが無限復活のセミオンリーカウント戦でしたが、とにかく暑い!熱中症になる危険を冒してまでサバゲーするんですから、だいぶ我々狂っているようです(; ・`д・´)誰も倒れなくて良かったですよ、本当に……。

 

 とにかく暑かった遠征ですが、フィールド自体はまだまだ未完成で、山とかはもう未開の地状態でした。バリケの位置や射線など、みんな苦労していた印象でしたが、今後どんな風に化けるのか楽しみでもありますね。福島県がサバゲー大国と呼ばれるのも近いのかな?

 

K崎


H30.6.5 武器紹介⑥

 

 どうもご無沙汰しております。間2ヶ月ですか。いやー……早い方ですかね( ´∀` )

 さてさて、2か月の間に貸し切りも遠征もありましたが……間が空いてすっかり忘れてしまったので今回も武器紹介になります。

 今回はサバゲー歴なんと27年(!)。中通りのサバゲージャンキーこと監督のG36Kです!

 

 元銃のH&K G36は長らくドイツ軍の主力であった傑作銃G3の後継機であり、弾の規格が5.56×45㎜NATO弾へと移行するに合わせて正式採用されたフルサイズのアサルトライフル。監督のはそのKurz(クルツ)モデル。……あれ? 短いという意味なんですが!?

 

 内部のカスタム内容はいたってシンプルに初速アップのライトチューンとSBDの取り付けのみ。しかし特筆すべきはこの外装。純正のスコープ付きキャリングハンドルからG36C用のローマウントへ変更し、そこに乘るのがハートマンタイプのリフレックスサイト。フォールディングストックはIDZtypeへ。ハンドガードはKeymodタイ

プへ。そこへさらにゴツさを求めてM203のアンダーグレネードランチャーとSUREFIREのM952Vフラッシュライト。見た目のインパクトもさるものながら、前後の重量バランスが意外や意外、殆どど真ん中で取れていたのが一番の驚きでした。

 

 本人曰く、一番のこだわりはハンドガードでもサイトでもなく、現在入手困難となっているPTS製G36専用のP-MAGだそうで。なんと画像のマグだけで新品のハンドガンを買ってもおつりがくるんだと言うので、見つけた方は監督までご一報下さい。きっと買い取ってくれるでしょう(・ω・)

 

 兎に角見た目のゴツさと重量感を重視したロマンあふれる一品モノ。重量は5キロを軽く超えるとか。デカい・重い・長いと三拍子揃って取り回し環境は劣悪ブラック企業並み。だけど、この銃が好きで好きでしょうがない結果なら……うん、しょうがない(笑)

 あまりに好きすぎて、アタッカーなのにG36の派生である民間型のスナイパー仕様であるSL-9も買っちゃったらしいです。……うんしょうがない(笑)

 

 

  K崎


H30.4.10 武器紹介⑤

 

 はい、大分更新間隔が空きましたが武器紹介になります(;'∀')

 今回は我がBEASTのとても濃い濃いマスコット兼ムードメーカーでもあるMr.Kのプライマリの一つ、次世代M4になります。

 

 言わずと知れたM4A1カービンライフルですが、カービン=騎兵銃だったのは昔の話で、今日では80㎝以下の短めにした小銃の総称のようです。実銃は一般的な5.56×45㎜ NATO弾対応で、汎用性と互換性では右に出る銃はないでしょうね。

 

 Mr.Kの銃はグリップ、ハンドガード、ストック……と外装の大部分がMAGPUL PTS製の物に換装されており、外観は箱出しとは全くの別物となっています。M-LOKのMOEハンドガードとMOEストックの〝もえもえ〟コンビによって近代的な外観と実用性を兼ねたカスタムに仕上がっています。サプレッサーはVFCのナイツタイプのハイダーサプレッサー。サプを取り外すとフラッシュハイダーになる優れモノで、これがあるだけで特殊部隊感出ますよね!?

 

 中身のカスタムは詳しくは部外秘とのことですが(笑)、どうやら色々弄って調整してあるとのこと。最大の魅力は何といってもDTM(Digital Trigger system Much)が入っており、電子制御で発射サイクル、バースト射撃、トリガーレスポンスなどを変更出来ます。

 いいですよね電子制御! 1度借りて撃ってしまったが最後、自分の銃に組み込むまでは引き下がれない状態になります(経験済み)。最近ではG&G製品とか最初から電子制御が入っているとか……ほ、欲しくなりますね○(`・ω・´)○

 

 素体は同じでも、人によってカスタムに違いがでるのもM4系の特徴ですね!

 これに後は何がくっつくのやら(笑)楽しみです。

 

 

 K崎


H30.2.18 チャレンヂャー貸し切り

 

 今回は須賀川に出来たばかりの完全インドアフィールド、チャレンヂャーさんに貸し切りでお邪魔して来ました! こちらのフィールド、元自動車工場で広さ的には狭めですが14、5人で遊ぶには丁度よかったですね。

 

  貸し切りなので定例会では出来ないようなゲームを……ということで、今回のメインゲームは1vs1のトーナメントです!  ラインの並び順で決められたトーナメント表が発表された瞬間、セーフティ内は阿鼻叫喚になっていました。

    まだ死にたくない!  とか。貴様の命もここまでだ!  とか。

  ……はい、盛りました(笑)

 

    結果、タカハシさんがグングニール貸し切りに続いてまさかの2連覇を達成し、完全にチャンピオンベルトホルダーになりました。おめでとうございますツギハセナカニキヲツケルンダナ(゚ω゚)

 

  他に、某マンガからインスパイアされた部位破壊戦、相変わらず人を信じられなくなるスパイ戦、co2ガスと電ハンが猛威を振るいまくったハンドガン戦と、全体的にスピーディーな試合が多く楽しかったです。

 

  サバゲー歴20年の店長さんのすごーく一緒にやりたそうな視線を横目に、勝ったり負けたりの好ゲームが繰り広げられ、非常に充実した1日でした。今度はスナイパー戦多めでやりたいですね(。ーωー)

 

K崎


H30.1.22

武器紹介④

 

 はい。ということでウェポンプレビュー第4回です。

 今回は『弾幕はパワーだぜ!』と、どこかの魔法使いが言っていたようなセリフをモットーにカスタムされた、グリコさんの東京マルイ ナイツ SR‐16になります。

 

 元銃はレールハンドガード市場の世界最大手Knight's Armament社の作ったM16。その5.56㎜×45弾を使用するモデルであり、いわゆるコルト社のM4A1に当たるカービン銃。RASやRISといった近代銃には必要不可欠なピカティニー規格のレイル付きハンドガードを作っているメーカーだけあり、命中精度・操作性・拡張性……と、考えうる最高のM4を作ったというのだから凄いですよね。

 また、マッドブラックのカラーリングに尊敬と畏怖から特殊部隊の精鋭たちによって付けられた異名が『ブラックナイツ(=黒騎士)』というのだからまたカッコいい( ・`д・´)! 

 

 グリコさんの銃はベースであるSR-16をカスタムによりハイサイクル化し、瞬間火力を大幅に底上げ。かつ総弾数1,200発のツインドラムマガジンにより息継ぎなく前線を支援する、玉切れなしのハードコア分隊支援火器仕上げとなっています。

 オプションパーツはフラッシュライトにフォアグリップ。アイアンサイトは純正からマグプルタイプに変更。

 

 BEASTの乱射魔を自負しているだけあり(※ちなみにBEASTはトリガーを引くとハッピーな人だらけです)、チームでも随一の発射サイクルとそれに伴う蜂の大群のような発射音はまず敵に回したくはありません。……繰り返しますが敵にしてはダメです。そこいらのLMGより怖いですから!

 曰く、「弾幕が必要な時は自分に任せな! トリガーハッピーが猛威を振るうぜ」とのこと。この人の銃撃狂具合はちゃんと狙っていくあたり、味方なら頼もしい限りです。味方なら。

 

 過去にグリコさん、MP5を流速カスタムでいじり倒したあげくメカボを5回やっつけたマッドガンスミスでもあるので、今度銃が壊れたら調整お願いしようかと思っています(笑)

 

 

 

K崎


H30.1.14

神槍貸し切り!

 

 久しぶりの貸し切りは、いわき市にありますフィールド『グングニール』! 2時間かけて行ってきました~。

 こちら元は牧場ということで、バカでかい牛舎があって全体的にも縦長に広く、中々個性的なフィールドのようでした。

 

 当日集合したBEASTメンバーは新メンバータカハシさんを加えた11人。そこにRSDの監督Tさんを加えた全12人でゲームとなりました。

 

 そして実はこの日はPMC装備限定貸し切り! 日頃迷彩服に身を包んでいる野郎どもが軽装の素晴らしさに目覚めていく様を、日頃からPMCの私は口角を釣り上げて見ていました(笑) いいですよね軽装!

 また、隊長改め『イタP』の発案によるグングニールファッションショーが開催され、ランウェイを歩くむさい男たちの動画が撮影されました。こちら、近々トップに貼り付けますのでお楽しみに!

 プロフ画像も撮影しまくったので、こちらも更新されています。

 

 せっかくの貸し切りということで、なかなか定例会ではできないゲームを中心にしようという、うちの隊長の独断と偏見により、朝一発目からターミネーター戦という(笑) そして頭にくっつけた風船の割れないこと割れないこと……。阿鼻叫喚の模様もそのうち動画になるかもしれません(`・ω・´)

 

 その後は前も登場したYさん寄贈の軍用ポリタンク(満タン水入り20㌔)護衛搬送戦、通常フラッグ戦(という名の撮影会)と続き、(瞬殺)引き込み戦、(人を信じられなくなる)スパイ戦、フォックス(が)ハント戦と午後になっても濃いゲームが続き、最後は《自分以外の動く者は全て敵》のデスマッチ殲滅戦で〆と、終始和気あいあいとした雰囲気で楽しんできました。

 

 特にフォックスハントは2回中2回共狐二人が逃げ切るという大番狂わせで、狐役の4人は皆どや顔で帰ってきました。おのれ(笑)

 また、スパイ戦は恒例行事ですが、人により顔に出たりでなかったり、味方が来ると逃げたり、ほぼ開始からバレていたり、笑顔で背中を撃ち抜くコートの男がいたりと、これまた面白いゲームになりました。

 結論。スパイは後で謝りましょう。……ごめんなさい(; ・`д・´)

 

 ゲームでいうところの フリーフォーオール、夕方になりラストゲームになったデスマッチ戦は、RSD兼任で新規加入のタカハシさん VS RSD中通り部隊の隊長である監督T氏の、まさかのRSD一騎打ちとなり、見事タカハシさんが晩御飯の賞金をGETしていきました。贈呈式の様子はギャラリーからご覧ください。

 

 と、あっという間だった訳ですが、天候にも恵まれ、年甲斐もなく皆でわいわいがやがや楽しく銃をぶっ放してきました!

 次はどこかの屋内フィールドを貸し切りたいと隊長が言っていたのですが、果たしてどこに行くのやら!(※チャレンヂャーになりました!)

 

 

 

 

K崎

 


H29.12.22

武器紹介③

 

 武器紹介第3弾は在ペルー日本大使公邸占拠事件で一躍有名になったあの銃。IさんのFN P90TRになります。

 

 元々の銃は5.7×28㎜という専用に作られた特殊な弾薬を使い、貫通力を高めてストッピングパワーを上げながらも跳弾などの二次被害を防止するといった、まさに特殊部隊用の短機関銃。

 

 プルバップ式を採用した全長は短いながらもバレル長さを確保することに成功。また、排莢口を真下にすることで射手の利き手を選ばず、チャージングハンドルやセレクターレバー操作は左右どちらからでも可能。

 その人間工学に基づいた近未来的なデザインとPDWの先駆けとしても有名で、サバゲーでの人気も高いですね。

 

 S&T社製のP90は、軽い安い当たると三拍子揃った銃。トラブルになりやすいモーターとチャンバーはマルイ製に交換し、ピカティニーレイルによって拡張性の増したアタッチメントにはスコープとサプレッサーを装備で夜戦、耐久戦、接敵の遠近問わず……とTPOを選ばないバランスのいい一丁になっています。

 

 また、特筆すべきはこのBOXマガジン! 1500発の携行弾数はサブマシンガンというより分隊支援火器の域。サバゲー用と割り切れば、取り回しのし易いサブマシンガンに大容量のマガジンは脅威です! 私的にはこれはこれでロマンを追いかけていく形だと思うんですよね~(・ω・)

 勿論遠距離だけではなく、CQBフィールド用にはイーグル模型の多段マグ。マルイ純正多段マグの給弾不良はP90のアキレス腱ですからね。アキレス腱は切ると大変ですよ!(某O氏談)

 

 最も有名な短機関銃と言っても過言ではないP90。フィールドや動画でもその人気ぶりからかよく見ますね。私もサバゲー始めるときに最初に買おうと考えた銃でした。Iさんには特殊部隊並の制圧力と、オールラウンダーとしての汎用性から戦場を駆けまわって貰うことにしましょう!(笑)

 

 

 

K崎


H29.12.13

武器紹介②

 

 武器紹介第二弾です! 今回は闘志溢れるジャーマンスピリッツ、HさんのLCT製H&K G3A3になります。

 

 この方、東京マルイやクラシックアーミーのG3A3も持っていらっしゃるようで……それなのに新しくフルメタルのG3が発売されると分かって速攻で予約購入したというから、まさに筋金入りのドイツ兵(笑)

 

 他社でもG3は販売されておりますが、LCTのG3で特筆すべきはそのリアルさ。公称約4.4キロ! 全長は箱出しで1m超え! インナーバレルも500㎜を超えるというモンスターライフル。これでもSRじゃなくてARですよ奥さん!(笑)

 

  G3の実銃といえば、世界4大アサルトライフルにも挙げられる傑作銃。派生にはMP5やPSG-1なんかがあります。命中精度の良さは折り紙付きで、後継機であるG36が出てからも数多くの国で使われ続けている……そんな銃を正式採用しているドイツ連邦軍から、その長大な見た目に対して付いたあだ名が『物干し竿』というのだから面白い。その長さを生かした安定性からバトルライフルとしての使用も多いのだとか。

 

 つまりHさん、少なくとも3本は物干し竿を持っているわけですね。

 

 ……はい。外装は一度メラミンスポンジで塗装を薄く剥がし、経年劣化による色落ちを再現。内部カスタムは、海外銃の給弾不良対策にチャンバーのみACE1 ARMS に交換している以外はノーマルのままですが、コッキングレバーの触り心地と心地よい金属音はフルメタルならでは。私、以前一度だけ持たせてもらったのですが、ずしりとくる金属の塊を手に持った時の「あ。今の俺、最強」感はたまりませんでした。

 

 G3A3にはピカティニーレイルは標準装備されていませんので別付けでローマウントを装備し、H&K社製銃の特徴の一つであるドラム式リアサイトの前にAimpointタイプCOMP M2のダットサイトを載せています。シンプルに余分な物を付けないスタイルになるのはG3系の宿命でしょうか。

 

 重くて、長くて、拡張性も低くて、取り回し難い問題児……でも、そんなロマン武器でヒットを取るのって最高ですよね(`・ω・´)b

  

 

K崎


H29.12.5

遊園地に行ってきました!

 

 去る12月3日、新潟県は阿賀野市にあります遊園地『サントピアワールド』さんに行ってきました。サバゲーをしに!

 なんのこっちゃと思われるかもしれないので補足しておくと、閉園期間にあたる冬の間に今年は試行的にサバゲーイベントをやってみようということらしいです。いやー、情報を教えてくれたRSDのTさんありがとう! そういうわけで、我がBEASTからは大人の都合のついた7人の侍(!)が参戦してきました。 

 

 どうも初開催らしく、運営側も試行錯誤の手探り状態が目隠れする中、参加者はなんと200人(笑) ボリュームの多さはギャラリーを見て頂ければ分かるかと思います。 弾速チェックにも人がずらりと並び、チーム分けも運営のランダム振り分けによって3人が別チームになるという波乱の幕開け。

 

 しかし! 当初の予報を覆し、1時間遅れで始まった最初のゲームは快晴! 冬の澄んだ空気の中行われたゲームのルールは、1日を通して無限復活のドミネーション(陣取り戦)でした……1ゲーム30分の。まさかそうそうに残弾の心配をすることになるとは思いませんでしたが、それはそれ。

 弾速待ちの間に下見をして分かっていた激戦区予想は概ね当たり、観覧車前は顔を出せないほどの弾幕が飛び交う最前線になり、「射線が通り過ぎる!」と誰かの言葉のままに大階段前は少ないバリケに人が敷き詰める大混戦。細い山道は、誰が言ったか『死に待ちの列』。見事に順番に撃たれていました。

 

 アトラクションをバリケードに……という期待は残念ながら外れて、主戦場は通路と、そこいらにちらほらと置かれたベニヤの簡易バリケという形でした。運営さんからは、アトラクションが損壊したら修理代を頂きますとの恐ろしいお言葉が。まあ、幸いこちらに発狂することになった人はいませんでしたが。よかったよかった。

 

 最大の敵となったのが階段と坂。Aスタート地点付近から最前線の観覧車まで続くのは心臓破りの坂。Bスタート地点からは地獄の急階段。そう、サントピアワールドに行ったことのある方なら知っているかとは思いますが、この遊園地傾斜だらけなんですよね。ゲームが進むほどプレーヤーの体力と精神力を、まるでおろし金のようにすりおろしていきました。恐らく筋肉痛にさいなまれたのは私だけではないはずです。

 

 リスボーン地点やアトラクション越しの射撃禁止。撃ち上げ撃ち下しの禁止などルール変更を挟みながら、さらに結局降った土砂降りの雨による中断なども挟みながらゲームは進み、無事に皆撃たれた以外の怪我はなく終わることが出来たようです。どうやら福島県からは60人ほどが参戦していたようで、集合写真は壮観でした。チームごとにも写真を撮ってくれて、タダでくれるのかと思ったら後日ホームページから販売だそうです。この販売上手め( ゚Д゚)!

 

 少しだけ個人的な話をさせて頂くと、トランシーバーを使ってチーム内で会話をしていたのがもう、めちゃくちゃ楽しくて楽しくて。用もないのに「~ですどうぞ~」とか言ってみたり。無線。いいですよ? 買いましょう?

 

 閑話休題。

 とまあ、無事に終わった今回のイベントですが、風の噂によると開園する春前の3月あたりにまた遊園地サバゲーを開催するらしい……とのことです。真偽のほどはまだ分かりませんが、そうだとしたらまた集まって参加したいですね~!

 今回はいつも以上に長々と書いてしまいすみませんでした。それだけ楽しいイベントだったと思っていただけたら幸いです。それでは!

 

 P.S. 次回は多分恐らくもしかしたら武器紹介になります!

 

 

K崎


H29.12.1

武器紹介①

 

 ということで、そんなに頻繁にブログに書くこともないので、ここではBEASTメンバーのプライマリやセカンダリなんかを不定期で上げていきたいと思います。

 

 記念すべき一人目は、我がBEASTの現隊長であり良きパパでもあるIさんのプライマリ。

 

 東京マルイのCQB-Rをベースに弾速上昇のショップカスタムを施し、EO-TECHのホロサイトに3倍ブースターといった王道の一丁。社外品のR.A.SにはFORTIS SHIFTタイプのバーティカルグリップを付け、取り回しを良くするためのマグウェル、射出部にはラウドネスコーンのフラッシュハイダーとなっています!

 

 どうやら現在は3.5-10×40のスコープとバイポットにサプレッサーまでついて分隊支援マークスマン仕様になっている模様……でも前線には行くという(笑)

 

 これからもBEASTの旗印として、よろしくお願いします(`・ω・´)!

 

 

 

K崎


H29.11.12

兵舎5チーム交流戦!

 

 ということで久々の交流戦でした! BEAST主催の交流戦というと、いつも悪天候に悩まされて来たわけですが、今日はまさかの快晴( ゚Д゚) 明日は雪かもしれません。南無南無。

 5チームということで我がBEASTの他にレッドサンディフェンスさん、エクスペンダブルズさん、クローズさん、東北連合特殊部隊さん……と合計30人を超える野郎共が須賀川に集結しました。

 午前中は通常のフラッグ戦の他に1マガジン戦、スパイ戦とマニアックなゲームが続き、午後は20分防衛戦、ポリタンク押し込み戦、そして景品のミリタリーベストを賭けたマーカー争奪戦と、大分濃い一日になりました(R6Sのジャンプドローンなんかもいたという)。

 何だかんだで山の斜面が1番の強敵だったらしく、足腰にくる戦士複数。歳を痛感する猛者多数となったようです。日頃からの体力作りはやはり大事ですね~。

 初参加の方や歳若い子もいて、改めてBEASTの層の厚さに驚かされる1日だった気がします。いや、若いっていいですね←

 そして、写真にもあります軍用ポリタンク(某オークションで数千円也)2個を快くチームへ寄贈して下さったYさん。本当にありがとうございました!

  また、同日別メンバー(Kさん&Kさん)は千葉県の有名なサバイバルゲームフィールド『ユニオン』にて、アームズマガジン主催で行われていた『サバゲ祭り2017』に参加してきたそうです。……3時出発で(-ω-)

 11/13こちらの画像もギャラリーにアップしました。両フィールドで暴れまくった皆さん、大変お疲れ様でした!

 

      

K崎


H29.10.9

ホームページ開設しました!

 

 どうも、管理人のK崎と申します。このたび、ようやくと言ってもいいくらい時間がかかりましたが、BEASTのホームページを作成する運びとなりました!

 管理人自身なかなか不慣れな分野ではありますが、貸し切りや遠征、定例会などにメンバーが参加したら、このページやギャラリーに写真を上げていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

 

K崎